小野田歯科医院 ごあいさつ

メッセージMessage

⻭科医は健康の情報発信基地であるべき 歯科医院は健康情報の発信基地となるべき近年、歯周病をはじめとする歯科疾患と全身の健康状態の関連性が新聞紙上を賑わしております。1996年にアメリカの「サイエンス」という科学雑誌に口の中の細菌が原因で、肺炎や心筋梗塞を引き起こすことがあるという論文が出てから、マスコミが取り上げるようになりました。近代歯科医学は西洋医学の分野ですが、当院では東洋医学を歯科治療に導入しているため、口腔は身体の一部であり全身との関わりを通して口腔を見ることを当たり前のこととして、日々の診療を行っております。
東洋医学では全身はすべてつながっていると考えるからです。

虫歯や歯周病などの歯科疾患の原因を、当院では大きく三つに分けて考えています。まず第一にお口の中の清掃が不良で、虫歯の原因菌や歯周病の原因菌の活動がより盛んになってしまったもの。第二に成長発育に伴う不正歯列や虫歯を放置したことが原因で噛み合せが悪くなってしまったもの。
最後に不規則な生活や偏った食事などに現代特有なストレスが加わって、糖尿病・高血圧症などの生活習慣病から来るものの三つです。

東洋医学では病気の根本は人体の中に有るとされていて、ウィルスや病原性細菌が病気の原因であるとする西洋医学とは大きく異なります。先程述べた歯科疾患の原因のうち、一番目の原因菌の増殖を押さえることと、二番目の噛み合せを直すことは西洋医学である歯科医学で治療します。しかし三番目の原因である全身状態から来るものに対しては、疾病の内因に迫り患者さんの自然治癒力を引き出すことによって解決する、東洋医学をはじめとする代替療法が最も適した治療法であると当院では考えています。
口の中の健康を保つためにはとにかく歯を磨くことが大事とばかり、一生懸命磨いてもすぐ虫歯になったり歯周病がなかなか治らないことがよく有ります。確かに『磨いている』と『磨けている』は大きく違います。朝から晩まで満点の歯磨きをするために、一日を過ごすのは気が重いですか?我々は歯を磨くためだけに生きているのですか?いいえ、生きるために歯を磨いているのです。ではどうしたら虫歯や歯周病は解決するのでしょうか。その答えは簡単です。80点以上の歯磨きをした上で自分自身の体質を知り、全身の健康との係わりを理解して日常生活の問題点を改善していけば(東洋医学では”養生”と言います)、虫歯や歯周病は予防できるのです。すなわちあなたが生活習慣病にかかっているので有ればそれを治す努力を、また病気の一歩手前(東洋医学では”未病”と言います)であれば、その前兆を感じ取り病気にならないよう用心することが大切です。
健康から未病を経て病気に移行する上で、人間の身体は様々なシグナルを発します。
本来動物である人間の持っていた身体の声を聴く能力は、文明が発達し生活の便利さを得ることと引き替えに徐々に失われてきました。同時に自らの身体を癒す自然治癒力も失われてきてしまったのです。今ここで我々が享受している現代文明の弱点を反省し、西洋医学の利点は生かしつつ東洋医学的思考を生活に取り入れていくことこそ、21世紀の健康法であると考えます。 小野田歯科医院は歯科治療の前に患者さんの東洋医学的体質を診断し、患者さん個々の体質・病状に合った健康アドバイスをし、患者さんが真の健康を手に入れることが出来るよう、お手伝いをして行きたいと考えています。

食・呼吸・睡眠Message

いきいき健口術 いきいき健口術歯科医の私が30年以上の歯科臨床を経て現在提唱する、患者さんの健康を維持する上でのキーワードが「食・呼吸・睡眠」です。臨床を始めてすぐに発症した肩こり・首の違和感が鍼灸で治ったという自分自身の経験から、東洋医学に興味を持ち勉強をはじめたのが今から25年前。全身はすべて繋がっていると考える東洋医学などの代替医療の利点と、従来の西洋医学の利点を融合させた「統合医療」を歯科治療で実践しています。
長年の臨床を通して通常の歯科治療に併用する考え方として、「食」は東洋医学の食養生を学ぶことによって現代栄養学を見直し、自給自足が出来ない現代人にとって足りない栄養はサプリメントで補うべきだと考え、2000年前の仏教経典を起源とする東洋医学的サプリメントである乳酸菌生産物質(生源)をお奨めしています。
また呼吸は「調身(身を整え)・調息(息を整えると)・調心(心が整う)」の理念の下、口呼吸から鼻呼吸に改めたうえで、細く長く吐く息を7割、残りの3割で息を吸う腹式の基本呼吸をお教えしています。
最初のうちはなかなか上手く呼吸が出来ない場合が多いため、音楽に合わせ深い呼吸が自然と出来るようなCDも、患者さんがご自宅で出来るようにとご紹介もしています。
またメディカルパタカラという器具を用い、口呼吸を改めるために口の周りの筋肉を鍛える、口腔筋機能療法も取り入れています。
そして最後は人生の3分の1を占める「睡眠」です。特に良質な睡眠を得るためには、脊柱に掛かる負担を減らし睡眠時の姿勢を楽にすることが必要です。その為には、身体に合った枕を使用することが重要となります。当院では、顎関節症や歯軋り・喰いしばりなどの噛み合わせに問題のある方や、イビキなどの睡眠時無呼吸症候群患者さんのみならず、噛み合わせに問題のない患者さんにまで健康維持を目的として、身体に合った枕の使用を指導しています。それは良質な睡眠が免疫機能をアップさせる、という基本概念が存在するからです。
古くから「医食同源」という言葉がありますが、食べることと同じように睡眠も大事ですから、「医寝同源」ともいえるでしょう。

以上の様に口と大きく関わる「食・呼吸・睡眠」という3つのキーワードは、すべてにおいて密接な相関関係にあります。それをより分かりやすく図式化したものが下記の図です。美味しいものを食べたときの幸せを表すものに「口福」という言葉がありますが、転じてこれは口を健康にすると幸福になれる、すなわち「健口」につながることになります。

text3 chart

ドクター紹介Doctor

院⻑ ⼩野⽥ 繁 院⻑ ⼩野⽥ 繁 1974年 桐朋高校卒業
1981年 東京歯科大学卒業
1981年 青山マンション歯科勤務(港区南青山)
1988年 小野田歯科医院勤務
1996年 小野田歯科医院開設

元社団法人渋谷区歯科医師会理事(学術・医療管理)
渋谷区幡ヶ谷保健相談所歯科専門相談担当医
渋谷区立渋谷本町学園小学校歯科校医
元渋谷区立幡ヶ谷保育園歯科園医
日本歯科東洋医学会認定医
日本全身咬合学会認定医
日本ホリスティック医学協会会員
ドライマウス研究会会員
抗加齢歯科医学研究会会員
日本統合医療学会(JACT)会員
生源歯科応用研究会代表

学会発表

主演者 『Treatment for Oral Disorder by Using Biofermentics SEIGEN』 The 1st International Meeting and The 21st Annual Scientific Meeting ofJapan Dental Society of Oriental Medicine , November 14 to 16 , 2003 , TOKYO

『口腔乾燥症(ドライマウス)へのバイオファーメンティクスの応用』
第9回日本代替・相補・伝統医療連合会議(JACT)、
第5回日本統合医療学会(JIM)合同大会2005、
2005年12月9日~11日京都大学

『舌痛症が乳酸菌生産物質とパタカラで治癒した一例』
第24回日本歯科東洋医学会学術大会,2006年11月12日

『バイオファーメンティクスとパタカラの併用で舌痛症が治癒した一例』
第10回日本代替・相補・伝統医療連合会議(JACT)、
第6回日本統合医療学会(JIM)合同大会2006名古屋
2006年12月9日~10日

『ストレスが原因と考えられる口腔内不定愁訴が、乳酸菌の混合培養により得られた発酵産物(生源)の応用で治癒した一例』
第11回日本代替・相補・伝統医療連合会議(JACT)、 
第7回日本統合医療学会(JIM)合同大会2007in松島
2007年12月1日~2日

『乳酸菌の混合培養により得られた発酵産物(生源)の歯科治療
時のストレス軽減作用について~唾液アミラーゼによるストレス判定を通じて~』
第12回日本統合医療学会(IMJ)
2008年12月6日~7日
九州大学医学部百年講堂

『舌痛症患者に対する乳酸菌の混合培養による発酵産物(生源)の長期使用経験例』
第13回日本統合医療学会(IMJ)
2009年11月21日~22日
東京大学安田講堂

『乳酸菌混合発酵産物の口腔ケアに関する臨床的検討(第一報)』
第14回日本統合医療学会(IMJ)
2010年12月11日~12日
徳島大学

『ハント症候群に対して統合医療的アプローチを行った一症例』
第15回日本統合医療学会(IMJ)
2012年1月14日~15日
大宮ソニックシティー

『豆乳の乳酸菌発酵産物の口腔ケアに関する臨床的検討(第二報)』
第19回日本統合医療学会(IMJ)
2015年12月12日~13日
山口市市民会館

副演者 『高齢者への口腔リハビリ器具「パタカラ」を利用した口腔筋機能療法』
『口唇閉鎖力の成長発育と経年変化』
2003年日本歯科東洋医学会第21回学術大会

『慢性疲労症候群に対して乳酸菌の混合培養により得られた発酵産物
(生源)の単独服用が症状の寛解に有効であった2症例の考察』
第1回日本統合医療学会(IMJ)
2008年12月6日~7日
九州大学医学部百年講堂

論文

「自然治癒力を引き出し下顎位を正常な位置に誘導するためのプロビジョナルデンチャーの活用」
歯界展望1994年vol.84 no.5,医歯薬出版

「義歯不適合を伴う難治性舌痛症患者に対する乳酸菌生産物質生源の応用」
2000年日本歯科東洋医学会誌第19巻第1号

「シリーズ歯科医師と医師の接点を識る」診断と治療2006年1月号~12月号、診断と治療社

「乳酸菌生産物質とは何か?またその歯科応用について」
2007年日本歯科東洋医学会誌第26巻第1・2号

特集「禁煙と内科疾患~エビデンスと対策」
『喫煙と歯科疾患』診断と治療2009年7月号、診断と治療社

「舌痛症患者に対する乳酸菌の混合培養による 発酵産物(生源)の長期使用経験例」
2010年日本歯科東洋医学会雑誌第29巻1・2号

寄稿

(1)サプリメントとパタカラの関係;「宇宙飛行士はイビキをかかない」、秋廣良昭著
        三和書籍、229~223ページ

(2)お口の健康と乳酸菌生産物質;「乳酸菌生産物質による体質改善健康法」、
        出村博監修、自然医学臨床予防研究所、72~74ページ

(3)お口の健康と乳酸菌生産物質;「スーパーサプリメントへの挑戦」、
        出村博・水谷武夫共著 翡翠社、273~277ページ

(4)「歯科東洋医学の観点から乳酸菌生産物質による治療を始める」
        -科学的エビデンスが乳酸菌生産物質の謎を解く-
        関口守衛 編著、創英社/三省堂、186~190ページ

当院が紹介されている書籍

1993年 『あなたの自然治癒力を掘り起こせ』 小島正美著,リヨン社刊

1999年 『歯の噛み合せ治療で治った!自律神経失調症』尾沢文貞著,佐久書房刊

2000年 『口腔内カメラを使ったインフォームド ・コンセントが受けられる歯科医院ガイド』RF出版
           『ガンに克つ健康食品完全ガイド』山田義帰著,現代書林

2001年 『アトピー、歯周病が良くなるくちびる体操』秋広良昭著,マキノ出版

2002年 『ホスピタウン4月号』

2003年 『宇宙飛行士はいびきをかかない~くちびるの不思議な働き』秋廣良昭著、三和書籍
           『ワールド空手3月号』 ぴいぷる社

2004年 『立ち読みで分かるイビキの本』 秋廣良昭著、三和書籍
           『立ち読みでわかる前頭葉のきたえ方』 秋廣良昭著、三和書籍

2005年 『ハッピーママ創刊号』 イースト・サイド
           『健康美人への道』 石井聖子著、秋廣良昭監修、日経BP出版センター

2009年 『ナチョラルオルタVol.12代替医療の病院全国ガイド』ほんの木編

その他

2005年3月 渋谷区歯科健康教室講演 「あなたの口渇いていませんか?」幡ヶ谷保健相談所

          5月 QVCショッピングチャンネルビデオ出演

          9月 渋谷区歯科健康教室講演 「口から始めるアンチエイジング」渋谷保健所

         11月 ブラウン電動歯ブラシ新製品発表記念講演会講演(バイヤー対象)

2009年 9月 日刊ゲンダイ9月17日健康欄 「これでもまだ吸いますか?口の中ボロボロ」

2010年 3月 渋谷区本町子育て支援センター講演 「口から始める子どもの育て方」

           9月 NPO法人シニア大楽~人気講師の話を聞く~「あなたを口福に導く健康法教えます」

2011年 3月 渋谷区幡ヶ谷保健相談所「歯周病予防教室」講師

         10月 帝京短期大学生活科学科養護教諭コース教職実践演習特別講義
               「学校歯科保健活動の重要性と養護教諭の役割」

2012年12月 帝京短期大学生活科学科養護教諭コース教職実践演習特別講義
               「学校歯科保健活動の重要性と養護教諭の役割」

2013年12月 帝京短期大学生活科学科養護教諭コース教職実践演習特別講義
               「学校歯科保健活動の実際」

2014年 6月 新宿区木曜会シニア教養講座
               「口から考えるヘルシーエイジング」

          10月 帝京短期大学生活科学科養護教諭コース2年生特別講義
               「学校歯科保健活動~養護教諭の仕事~」

2015年11月帝京短期大学生活科学科養護教諭コース2年生特別講義
               「学校歯科保健活動~養護教諭の仕事~」

副院⻑ ⼩野⽥ 知津⼦ 副院⻑ ⼩野⽥ 知津⼦ 1977年 雙葉高校卒業
1983年 東京歯科大学卒業
1984年 東京歯科大学水道橋病院保存科助手
1986年 同上退職
1996年 小野田歯科医院副院長
2013年~ 渋谷区本町きらきらこども園歯科園医
2014年~渋谷区幡ヶ谷保健相談所1歳半児歯科検診担当医

論文

共同研究「通電刺激によるハリ麻酔の歯科領域における臨床応用価値に関する研究」
1986年歯科学報第86号

「Ga-Al-As半導体レーザー(ユニレーザー)の歯科臨床への応用」
1987年歯科学報第87号

ページの最初へ戻る
  • 統合医療
  • 患者さんと一緒になって考えるいきいき健口術 小野田繁 院長
  • ⻭科治療を通じて、全⾝の健康をサポート 健康ブログ

小野田歯科医院

小野田歯科医院

  • 住所
    〒151-0071 東京都渋谷区本町3-35-17 イマス・エス・イービル2F
  • TEL / FAX
    03-3376-6534
  • 診療時間
    【平日】AM9:00〜PM12:30
               PM2:00〜PM6:30
    【土曜】AM9:00〜PM12:30(完全予約制)
  • 休診日
    日曜・祝日
医院紹介