スポーツ向け歯科治療(マウスガード)|西新宿で東洋医学・小児歯科・統合医療による歯科治療を行なう小野田歯科医院

ご予約はお電話で
03-3376-6534 お問い合わせ [診療時間] 平日9:00-12:30/14:00-18:30 土曜9:00-12:00(土曜日は完全予約制)

スポーツ向け歯科治療Sports dentistry

スポーツ向け歯科治療とはABOUT Sports dentistry

スポーツ向け歯科治療とは

スポーツ向け歯科治療とは、「すべてのスポーツ競技を通じて適切なスポーツ活動の選択、助言、診査、監督と、また必要に応じて治療を行ない、さらに専門的情報を提供することを目的とする特別な歯科医学の部門」と、定義されている歯科分野です。
一般的に歯を失う原因となる病気は歯周病や虫歯ですが、スポーツをされている方はプレイ中に思わぬ外傷を受け、それが元で歯を失ってしまう場合もあります。
歯が欠けたり抜けたりするけが、唇や舌・頬といった口内の軟組織の損傷、または顔面の骨折や顎関節の損傷といった大きなけがなどは、歯科領域のスポーツ外傷となります。
こうしたけがの治療はもちろんのこと、スポーツによる健康・安全づくりを支援し、顎顔面口腔領域でのスポーツ外傷を予防し、スポーツ競技力の維持・向上をサポートすることが、スポーツ向け歯科治療の果たす役割です。

マウスガードMouth guard

マウスガード

マウスガードとは、スポーツをする際に歯やその周辺組織のけがを予防し、ダメージを軽減する目的で口内に装着する軟らかい樹脂でできた装置のことです。
プロボクサーが試合中に口にはめている、いわゆる「マウスピース」をイメージしていただくと、わかりやすいかと思います。
スポーツ用品店でも市販されていますが、当院では患者さんの歯型を取ってオーダーメイドする「カスタムメイドマウスガード」をお作りいただけます。
ご自身の歯型に合わせて作るので、スポーツ中も外れにくく、装着による違和感が少ないのが特徴です。

スポーツマウスガードの機能

マウスガードを装着することによって得られる効果には、次のものが挙げられます。

  • 歯や周辺組織の外傷の予防・軽減
  • 顎骨および顎関節の傷害防止
  • 頭頸部外傷の防止
  • 脳震とうの予防・軽減
  • 心理的効果および運動能力の向上

また、装着する自分自身のけが防止・軽減だけでなく、歯で相手を傷つけてしまうこともマウスガードによって予防できます。

マウスガードの装着が義務づけられているスポーツ

マウスガードの装着が
義務づけられているスポーツ

マウスガードの装着が義務づけられているスポーツには、ボクシングやキックボクシング、総合格闘技、テコンドー、空手(組手)などといった格闘技、アメリカンフットボールやラクロスといった、相手と接触することの多いコンタクトスポーツが挙げられます。
ラグビーやアイスホッケーなどでも年齢によって義務化されているほか、野球やテニス、バスケットボール、サッカーなどの球技でも取り入れられたり、また力を入れるときの食いしばりで自傷してしまうリスクを低減するために、投擲などの陸上競技やウエイトリフティングでも、マウスガードの使用が推奨されています。

お問い合わせ 03-3376-6534
予約優先制

ご予約はお電話で。
初診・急患、随時受け付けております。

  1. 平日AM9:00 - PM12:30 / PM2:00 - PM6:30
  2. 土曜AM9:00 - PM12:00(土曜日は完全予約制)
  3. 休診日第2・4木曜、土曜午後、日曜、祝日

直接来院の際の受付は、午前診・午後診とも終了時間の30分前までとなります。予約優先となりますので、お待たせすることがないようにお電話でご予約ください。
※診療時間・休診日等は学会・会合等で随時変更があります。